哲学と冗談

L'amore più profondo non può essere facilmente compreso.

child play

きっともっと切れ味がほしいのです美しいモノには。あなたは美しいから。あなたを探して見つけ出して優しくいかようにでも喰らい付く。この時間だけは私のモノだと信じている。知っていますか?それは遥か昔の記憶に補填されていて、同時に私のレンズが光り輝くの。どんな風に言ったらいいんだろう。緊張と動悸が止まらなくて気持ちいい。初めてなのに難しいんだね。習わざるを伝えしか。それでも人類はよく間違えるんです。訳知り顔をして。だから、もう消えてしまおうと思ったのです。君の指が私の文字をなぞってそれが愛撫のように大脳新皮質に伝わればいいのに。息ができるのってとても、幸福なことなんだよ。この世界が似合ってよかったね。また会おうね。