哲学と冗談

L'amore più profondo non può essere facilmente compreso.

また絶望の世界に戻っていくあなたに。

もう行ってしまうのですね。

私たちが過ごした幾ばくかの時間は、

現実世界の時間の流れを歪ませてしまうくらい、

美しくて幸せで、儚いものでした。

 

一緒に海の中を散歩したこと、

孤独を語り合ったこと、

大人になれなかった私と、

大人を置いてきたあなたと、

嬉しい日と、悲しい日と、

美しい日と、暖かい日と、

明日死ぬかのように愛し合った日と、

永遠に生きるかのように安心して眠りについた日と、

 

全部全部、無かったことにされてしまうのですか。

 

世界に絶望しているのは、私だけだったのでしょうか。

 

どうか、ご自分のことを思い出さないでください。

あなたの人生を、覗かないでください。

これは私の最後のわがままであり、あなたへの復讐です。

 

だって、私だけ暗い海の底に残って、老いもせず死にもせずに、あなたのことを想い続けるなんて、残酷です。

 

あなたの物語の、一時的な登場人物に過ぎなかった、なんて思われたくないから、

だから、現実の時間を過ごせ”なかった”あなたの時間を、どうか、見つめないでください。

 

さようなら。