哲学と冗談

L'amore più profondo non può essere facilmente compreso.

星降る夜に

久しぶりに会った夜に

2人で双児宮を見上げた

少しだけ重い肩

あなたが淹れた紅茶の香り

夜明けを待っているのか

それとも 夜が恋しいのか

 

あなたの胸に手を当てて

その鼓動を感じて安心する

まるで子守唄のようなその心拍に

目を閉じて微笑むと

 

「どうして笑っているんだい?」

 

あなたの優しい声が聞こえる

くすぐったくて熱くて

 

「あなたが生きていることが

こんなにも嬉しいなんて」

 

あなたのいない未来から来たんだよ

 

「なんだ。そんなことで」

 

あなたに行って欲しくなくて

止めに来たんだけど

 

「とにかく嬉しいのよ

好きな人がいるのは」

 

ごめんね

止められなかった

言えなかった

言わなかった

 

「昨日の君とずいぶん違うじゃないか」

 

"昨日"の私は、たしか、

あなたに愛想を尽かして

そのまま何年も、会えなくなって、

 

「ごめんなさい

やっぱりあなたを愛しているの」

 

あなたがあの日星になったのを知ったのは、だいぶ後になってからで

 

「星が嫉妬して落ちてきそうだ」

 

お願い行かないで

 

「愛してるの」

 

きっとあなたは

 

「こんなに美しい夜は初めてだよ」