哲学と冗談

L'amore più profondo non può essere facilmente compreso.

そういえば

髪の毛が綺麗な人にシャンプーなに使ってますかと聞いたら大体LUXだし、

目を閉じた時艶めかしい人にアイシャドウなに使ってますかと聞いたら大体KATEだし、

透明感ある肌の人にファンデーションなに使ってますかと聞いたら大体ポール&ジョーだし、

まつ毛セパレートな人にマスカラなに使ってますかと聞いたら大体ランコムだし、

頰がぽっと可愛く染まっている人にチークなに使ってますかと聞いたら大体ジルスチュアートだし、

目が醒めるような赤リップが上品な人に口紅なに使ってますかと聞いたら大体CHANELだし、

 

そういう、これさえ使ってれば間違いない、みたいなのをあつめたら、まあどんな人でも小綺麗に見えますよ。

参考にしてくださいね。

 

でもね。

最大公約数的な、誰が見てもまあ90点は堅い、ってものばかりを集める生き方も良いけど、それって自分というかけがえのない存在の意思とか重みが磨り減っていつか乏しい感性に収束して、特に日本という国ではその摩擦係数が高くてどんどん削れて小さくなって最終的に自分がいなくなるので、そういうのは前世で卒業して、

自分にしかわからない良さ、魂の震える感動を、今回の人生では大事にしてほしい。

 

そういえば、恋とはそういうものだった。