哲学と冗談

L'amore più profondo non può essere facilmente compreso.

花の色は

なんだろう、感情とは。

なんだろう、言葉とは。

なんだろう、生きるとは。

 

この、花の色のような私の愛情を、

うつろいでいく小町のおぼつかなさを、

ただ、生きているだけでは物足りない、

美しく生きたいと、そう願う君が。

心の奥に触れて、誰も傷つけない、いたづらに大人ぶった子どもたちが笑っているさまを、

私は、大人になっても、悲しい雨に傘をさし、見て見ぬ振りをして、飄々と歩くのだろうか。

それでも、いつか色褪せてしまっても、ここに私がいることを誰かが見てくれていたら、きっとそれが恋なのだろう、夢のような。

灰色の空に、桜のコントラストをのせて、まだ間に合うよね、良い時代になりました。