絶望と欲望と杏子

Questa è la vita.

困った

初対面で「じゃあ杏子ちゃんって呼びますね、あっ、同世代だからタメ口でもいいかな?」みたいに呼び方や話し方のテンプレを提示してくる人、コミュニケーションを取ることよりも大枠の形にばかり気を取られて実を伴っていない可能性が高くて少し苦手。

私そういうのあんまり意識の範疇に無くて敬語がどうとか全然気にしてないけど、こうやって言葉の形式を決めようとする人間は多分言葉の形式にすごく囚われる人間、気をつけなきゃいけない人間だから私みたいに何をしでかすか分からない人間は口に出す言葉の自由度が低くなる、自由度低くされると見栄えだけ良くて味のない料理みたいな会話になってしまう。度し難いけどそれでその人たちは上手くやっていけるのだから、相容れない関係ってことにしてふわっと交流するのが一番なのかもしれませんね。

でも私もっと味のあるものが食べたい。

 

「ふざけんな」って思ったときに「ふざけんな」って言いたいし

「好きだよ」って思ったときに「好きだよ」って愛を伝えたい

 

そうでしょう?