哲学と冗談

L'amore più profondo non può essere facilmente compreso.

痛くないから大丈夫だよ

映画館で食べるポップコーンのような、

眠れない夜のホットミルクのような、

公園で拾った綺麗なビー玉のような、

抑えきれない想いを慰める懐かしい歌のような、

行ったことのない知らない街のような、

 

そんな悪戯を、僕の心を、切り裂かれた内側の部分を縫い止めてくれる何かを、ずっと求めているんだ

早く大人になりたいけど、そうすることで何かが見えなくなってしまうなら、ずっと大人になんてならなくていい、理性を捨てるチャンスがまだ残っているうちに裸足で空港まで走って、涙のかけらを掬い上げて、誰も幸せにならないこと言い続けてる人間たちを置いて月まで脱出するんだ、僕は。