Questa è la vita

Sicuramente!

ゲシュタルト崩壊

すごいですよ、カンゲンは。カンゲンという概念。

 

新橋演舞場の新春歌舞伎、カンゲンが出演するということで秒で売り切れましたね。私はカンゲンではなく普通に新春歌舞伎が観たかったの。新春歌舞伎のない正月なんて日本人としてちょっと勿体無い。

 

みんな、歌舞伎観るときの最重要項目としてカンゲンが出演することを念頭に置きすぎていて、自分の心が感じる歌舞伎への感動や興奮を忘れているんじゃないか。

まるで工業製品のように規格化された"カンゲン"をぼんやりと眺めて思考停止するのではなく、生き物として血の通っている生身のカンゲンを刮目せよ。それが社会における大人の責任ではないのか。

このままだとカンゲン本人が自分に与えられた役割を満たそうとしすぎて、いずれは人間としてのノイジーな部分、ビビッドな修飾の部分まで削られていって"カンゲン"という記号のような概念に収束してってしまうぞ。それでもいいのか。

あ、いいならいいですが……。