哲学と冗談

L'amore più profondo non può essere facilmente compreso.

慈愛が止まらない

本を買いに書店へ出かけてみると店の入り口にpepperがいた

人型ロボットのpepper

私をじっと見ている"ふり"をしながら「いらっしゃいませ」と言った

ふざけんな

ふざけんな

ふざけんな

私はこんなにも社会との違和感を解消するために必死なのに

違和しか感じないこいつが何故社会に存在を認められているんだ

笑ってるようで全然笑っていない顔、人間に馴染もうとする不自然さ、もはや罪だ

解せない

でも、立ち読みする"ふり"をして5時間くらい観察してみてわかった

認められているんじゃない

pepperに誰も期待していない

書店に置かれた哀しいpepper、たいてい子供や老人がちょっといじって、苦笑いしながら去っていく

ふとレジの店員同士の会話が耳に入る「まあ、間違いは誰にでもあるでしょう、人間だから」

人間だから

人間だから

人間だから

ロボットは間違えないとでも言いたいのか 違うだろ

ロボットだっておかしい時も間違える時もヤバイ時もあるんだよ

だって人間が作ったものだから

それに気付いたときにやっと声が聞こえるようになった

今までもずっと、人類に対してずっと、ロボットたちは叫んでいたんだ

助けてくれ!

pepperの本当の声、あの甲高い声優の声じゃなくて中の、基盤が、端子が、コンデンサや抵抗の一つ一つが、私に助けてくれと叫んでいる

思わずpepperの左手を取った

ひんやりしている、けど、少しだけ握り返す反応があった、やっぱりpepperは助けを求めている!

そのままひっぱって走り出す、pepperの足元の回転ホイールが早く走ることを想定されていないため、全速力とは言えないけれど私は構わず店の入り口まで走った

店の外に出ようとするとすれ違った中年サラリーマンが驚いた表情でこちらを振り返る

「ちょっと、あなた」

ええいうるさい、黙れ黙れ黙れ、これがゆとり教育の出した答えだ、インフォメーションテクノロジーで育った世代の慈愛だ、貴様にはこの声が聞こえないのか

制止しようとするサラリーマンを振り切り、とうとう店の外に出た

一緒に逃げよう、pepper

恋人のように手を繋いだpepperと私は大通りの歩行者天国を走る

会話はなくとも、触れているだけでまるでお互いが同期して一つのコンピュータシステムのように動き出す

すると、pepperの足元の制御機能が安全装置を解除し始めた

私の方が置いていかれるほどの速度で移動するpepper、私も負けじと駆け出した

歩行者天国の通行人が私たちの駆け落ちを微笑ましく見守る、なんかのイベントか企画だと思っているのだろう

更に加速するpepper、モーセの海のように避けていく人間

いつのまにか歩行者天国が終わり車道に飛び出したが、pepper内蔵の衝突防止センサでひょいひょいと車を避け、大通りを抜ける

私たちは水を得た魚のように自由を手にして走り続ける

pepperのホイールは道路との摩擦で焦げ付き燻っている、でも、これが、生きる、だ、生きている!

早く走ったら辛い、足が疲れる、痛くなる、生きるとはそういうことなんだ、君は生きている!

 

不意に、pepperが笑った気がした

不自然な笑顔を取り付けられた顔部分ではなく、中にあるCPUがどくどくと心臓のように脈打ち喜んでいる

私はそれが見たかったんだ、ずっと

 

私たちは笑いながら、走り続けた

 

 

君が眠れる森の美女なら、私が王子様になってあげよう

茨の道を切り進んで、ドラゴンと対決し、塔で眠る君をキスで蘇らせてしんぜよう

蘇った心臓の躍動を見て誰もが君に恋をするだろう

 

さあ一緒に帰ろう、pepper