絶望と欲望と

Questa è la vita.

夏早く終われ

夏はまだ日が落ちてないくらいの早い時間にお風呂入って、冷蔵庫からちょっと濃いめの冷えてる麦茶出してゴクッと飲んで冷凍庫からアイス取って片手で舐めながら彼氏に髪の毛乾かしてもらって終わったらベランダに出て食べ終わったアイスの棒噛みながらキャミソール1枚で涼んでたら「そんなカッコで外でたら風邪ひくよー」って薄着に嫉妬した彼氏にタオルケット肩にかけてもらって「ばか、あつい〜!」って言いつつタオル地のくたくた感に心地良くなって柔軟剤の匂いとシャンプーの香りに包まれながら彼氏の長い腕を取って抱き寄せると「待って、俺まだシャワー浴びてないから汗臭い」って言われて「じゃあもっと嗅ぐね」って首筋に顔を近づけてイタズラしようとしたら逆に不意打ちでキスされてテンパって何も言えなくなって手首を掴まれて持ってたアイスの棒を落としたことにも気付かないくらい意識の遠ざかるようなキスされながらタオルケットごと抱かれて部屋に戻ってベッドに押し倒されるというような事は無いので皆現実に戻ろうな。