絶望と欲望と

Questa è la vita.

女の子は紆余曲折

メイド喫茶時代の店長と会ってきた。

店長と会うといつも昔(私が在籍していた時代)と今のことを話すのだけど、時間がいくらあっても足りないくらい話題が尽きない。

面白いのは、昔の話題も毎回枯れないままフレッシュに話せる事。

Aちゃんとお客さんの××さん付き合ってたんだよ、とか、Bちゃんがお店辞めたのはCちゃんとの共謀だよ、とか、メイドちゃん達の話すればするほど盛り上がってしまうのは恐らくメイドちゃん達が一種のコンテンツ化しているからだと思う。

アイドルと言ってしまうと大袈裟だけど、他の職種より明らかに"個"が優先される空間なのでその分一人一人のパーソナルな部分に向き合う時間が長く濃くなる。

店長は在籍していた女の子数百人をほぼ全員覚えているのだけど、これは女の子達に付随する情報が多いため覚えやすい(覚えざるを得ない)のだと思う。

できれば速やかに忘れたくなるような、個性の強烈な女の子も少なくないと言うけど……(笑)

 

会う度に色々な子の話をするけど、今回一番の収穫は私の尊敬するメイド、このみちゃん(仮名)が他の店に移籍した情報を得られた事。

私のいた店はバンギャ、ホス狂い、家なき子など何でもアリの問題児がいっぱいいたところなんだけど、このみちゃんが移籍した店は打って変わって超清楚系優等生メイド喫茶だったので意外。

男を転がすテクニックが芯から身についていてすごく人気だったけど、イケメン金持ちのお客さんと大恋愛の末精神を病んでしまい辞めていってしまったこのみちゃん。今は落ち着いてるかな。

 

いつかまたこのみちゃんの明るい笑顔を見にご帰宅しに行きたい。