絶望と欲望と

Questa è la vita.

アルバート

大学3年生の頃だったかな。

当時、寝る食べる以外の時間をバイオハザードに費やすBSAA隊員だった私は、コクーンシティを守るべくクリスやジルとゾンビ退治に勤しんでいた。

ゲームの中とはいえ民間人や国家を救うことは楽しい。快感だ。

しかしもしゲーム世界に本当に入れることになったとしてもバイオハザードだけは選ばないだろう。

ゾンビがどうとか武器がどうとかの前に、あんな汚い場所にずっといたら破傷風か伝染病になって死ぬ。

もっと美しくて平和で豊かで命の危険を感じない、どうぶつの森、そう、どうぶつの森のような世界にパスポートを預けるべきだ。

 

……いや果たしてそうだろうか?

あの世界、近所付き合いや人間関係が複雑そうでちっとも羨ましくないぞ。むしろドロドロに関してはゾンビよりもドロドロしてるんじゃないか?

あのタヌキめ。

どうぶつの森やったことないけど。

 

やっぱりバイオだな。

バイオの世界にアンブレラ社社員として侵入し、アルバート・ウェスカーとセックスすることを最重要目標にしよう。アンブレラ社ならある程度清潔そうだし、社内スパイとしてクリスに情報提供していけば実質国家の平和に貢献することになるやもしれない。クリスとはセックスしたくないが。

あの世界は人間関係もさっぱりしているし、悪役もただの悪ではなく人間味があって魅力的。

 

頑張って生き残りたいと思います。