Questa è la vita

Sicuramente!

più

Più ti conosco, più sento di doverti tenere vicino. Ascoltare la tua voce mi rende bella. Più avvicinati a me, più parlarti a me per favore. Quando ti tengo tra le tue braccia, Il sole si sveglierà. Più vicino, più vicino, più vicino.

まあ本人が幸せならいいけど

「日焼け止めの健康被害が〜」って言ってる人達はバカなのかな。期待値の計算学校で習わなかったのかな。 5年後にシミシワでてきておばさんになるか、綺麗なまま生きて100年後に日焼け止めによる健康被害が出てくるか(ただし人間の寿命は80歳とする)、どち…

Qualunque

少し違う空気を吸いに北イタリアへ来ています やらなくちゃいけない勉強と、やらなくてもいいけど自分がしたい勉強と、読まなくちゃいけない本と自分が読みたい本と、行ってみたいお店と食べたい食事と、話さなきゃいけない話題と本当に話したいテーマと、此…

教皇

手洗い場の石鹸が、みんなの汚れを落とす間、しっかりと汚れていく 誰かが美しくなる間、ずっと汚くなって、小さくなって、 君が幸せなら、私は醜くなっても、見えなくなっても構わない、 なんて、わかるかい?それは優しさなんかじゃない、限りなく憎悪に近…

平成ダサポップ

私は生まれた時から平成しか知らないので、平成にすごく生活感というかそのまんま感を感じていて、多分それは平成に生まれたみんながそうで、平成生まれが昭和の人に昭和〜、と言う時は少しだけ憧れが含まれていると思う。 この人たちは、私が一度も見ること…

皇帝

最後の皇帝は約束の地へ向かう 神の助言ではなく自らの意志で この旅は帰りの燃料を積んでいない 身軽な方がゴールも近い 汗と雨で濡れた法衣 エジプトの十字アンク 死屍累々の跡 どのくらい歩いただろうか 肉体亡き今も権威はそこにあったのだ そうか 歩き…

〜という机上の世界線〜

この前友達と話した「イケてるおじさんと付き合うメリット」の話。 「おじさんはただでさえヤバい人が多い中でイケてるおじさんは相当努力してて格好良い人。全ての若人が将来ヤバいおじさんになる可能性がある中で、イケてるおじさんは今が将来だからヤバい…

グリフィンドールになりたかった

小学6年生の頃私のことヤバイと思った担任に目つけられて母親にチクられて、母親にはヤバイ片鱗見せてなかった良い子のつもりだったけどその分驚かれてしまって千葉にある何かそういう施設に通わされそうになったことがあって、見学みたいな感じで連れてかれ…

My words fly up, my thoughts remain below.

言葉は魂をそのまま伝えることはできないけど、 だからこそ僕たちは死ぬまで、 魂を翻訳して、試行錯誤して、どうにか言葉にして、 生きていくのではないか。 どうしようもない感情や、苛立ちや、歓びに触れたとき、 記憶の中から知恵を借り、言葉を選び、魂…

I WISH

「この人は自分を楽しませてくれるのか?」って考えながら付き合う人間決めてる人とか 「この会社は俺を楽しませてくれるのか?」って考えながら働く会社決めてる人とか 「この趣味は私を楽しませてくれるのか?」って考えながら趣味やろうとしてる人とか そ…

花の色は

なんだろう、感情とは。 なんだろう、言葉とは。 なんだろう、生きるとは。 この、花の色のような私の愛情を、 うつろいでいく小町のおぼつかなさを、 ただ、生きているだけでは物足りない、 美しく生きたいと、そう願う君が。 心の奥に触れて、誰も傷つけな…

春はあけぼの

朝、少し肌寒さを感じて目を覚ますと、夜勤明けの彼氏が枕元に立っていて「ごめん、起こしちゃったかな」なんて聞くから「ううん、会えて嬉しいよ」と呟いて布団に入り直そうとすると止められて、凛々しい目でジーっと見つめられたかと思うと唇に柔らかな感…

俺と薬とミネラルウォーター

薬局行って、薬買って、もう買ったら今すぐ飲みたい!ってとき、ありますよね、頭痛の薬とか。 そういうとき、薬と、ミネラルウォーターを買うんですけど、なんか多分そういう決まりがあるのか大体 「ミネラルウォーターでお薬服用しないようにお願いしまー…

太ってきたけどラーメンいこ

歯磨きした直後だけどチョコレート食べちゃお テクニカルなこと分からないけど直感で操作しよ 芸術なんて分からないけど美術館行っちゃお 誕生日じゃないけどホールケーキ買っちゃお〜 寒いかもしれないけど春服でお洒落して 性格悪いって思われてもいいから…

prism

僕は透明人間で、影もできないくらいだけど、君には僕がしっかりと見えているみたいで、僕たちは、普通のカップルがそうするみたいにまるで当たり前のように、恋に落ちた。 君は僕と違って透明ではないのに、この色とりどりの世界を嫌がって苦しんで消えたく…

ミトン

五本指じゃなくてミトンタイプの手袋を可愛いという理由で使ってるんだけど 入院してたころ暴れないように固定されてたときの手袋と同じだーってきづいたの 指を使えないように手袋されて 腰の部分にベルト 金具の部分が硬くて痛くてずっとつけてると擦れて…

好きな顔

w-inds.の千葉涼平、高橋優、忍成修吾、いしだ壱成、SKY-HI、ジャイアント白田 あたりの顔がすっごくタイプなんだけどこの人たちは何系っていうんだろう。 今流行りの塩顔ではないけど、濃い顔でもないよね。 でも全員似てる。 綺麗な顔しつつ闇が深そうな人…

ダンテの故郷へ

「神曲」の著者ダンテの故郷、フィレンツェへ行きました。 やはり神曲は生涯を通して学ぶ価値のある作品だ、という思いが強固なものに。 ダンテは神曲を通して、生きるとは、愛するとは、そして死ぬとは何かを語りかけ、我々が真に幸福に生きるための手助け…

困った

初対面で「じゃあ杏子ちゃんって呼びますね、あっ、同世代だからタメ口でもいいかな?」みたいに呼び方や話し方のテンプレを提示してくる人、コミュニケーションを取ることよりも大枠の形にばかり気を取られて実を伴っていない可能性が高くて少し苦手。 私そ…

大哺乳類展が帰ってくるみたいです

大哺乳類展2 科博!!! よくやったぞ!!! 大哺乳類展2!!! 9年ぶりの復活!!! 当時高校生の私が学割を利用して毎日通ってた特別展!!! 行かない国民は非哺乳類と見なす!!! これのために2019年まで生きていたのだと今確信した、9年間の重みを感じ…

痛くないから大丈夫だよ

映画館で食べるポップコーンのような、 眠れない夜のホットミルクのような、 公園で拾った綺麗なビー玉のような、 抑えきれない想いを慰める懐かしい歌のような、 行ったことのない知らない街のような、 そんな悪戯を、僕の心を、切り裂かれた内側の部分を縫…

こればっかりは

あ、でもなんとかならないことが2つだけある 紫外線 と 乾燥 こればっかりは、ガチで、マジレスですけど、ごめんなさいマジなんですけど、あの、救いようがないくらい、不可逆なので、今この瞬間から、気をつけて下さい 私は小3からずっと毎日日焼け止めを…

エントロピー増大に逆らう

あの頃に戻りたい、過去のアレをやり直したい、って思ってる時点で健康なのかもしれない 心身ともに不健康でぼろぼろなときは、月日が早く過ぎ去ってほしいと願うものだから だから過去をわざわざ振り返って否定する必要はない 今あなたがここにいるならそれ…

1周年

このブログを始めて1年が経ちました。 月に700〜1000PVほどのアクセスがあります、ありがとうございます。 私はやっぱり、書くことが好きみたいです。 この自由なスペースがあることで、1年間救われてきました。 人間として生きていると怖かったり辛かったり…

日吉は凄い

どんなに仲の良い知人でも、その知人の誕生日、血液型、出身校、中学の部活、部活でのポジション、座右の銘、実家の家業まで知っていて覚えていることは早々難しい。身の回りの知人を思い浮かべて欲しいが、意外と覚えていないだろう。 そう思うと、日吉若(…

21世紀のラブレター

口に出す言葉は不安定でゆっくりでみっともなくて怖くて、言おうとすればするほど現実から遠ざかり叫ぶこともできなくなる。 今すぐ伝えたいのにどんどん居なくなってつまらなくなり気づいた時には壊れてしまうから。 頭の中の予想外な考えに自分で驚いたり…

2019年的人類愛

誰だかは忘れたんだけど女の若いモデルさんが、 「風邪引きたくないから周りに咳やくしゃみしている人がいたら常に持ち歩いている使い捨てマスク(個包装)を相手に渡してマスクさせる」って言ってて、今のところその生き方が私にとっての「最適解」なので率…

正しい紫外線防御

今日は、季節ごとの正しいUVケアについてお話します。 ぜひ参考にしてください。 1月〜3月 日焼け止めを二重に塗り、不要不急の外出は避けましょう 4月 日焼け止めを三重に塗り、不要不急の外出は避けましょう 5月〜6月 絶対に外出してはいけません 7月〜9月…

ゲシュタルト崩壊

すごいですよ、カンゲンは。カンゲンという概念。 新橋演舞場の新春歌舞伎、カンゲンが出演するということで秒で売り切れましたね。私はカンゲンではなく普通に新春歌舞伎が観たかったの。新春歌舞伎のない正月なんて日本人としてちょっと勿体無い。 みんな…

冬は寒いから

1月、分厚い靴下とコタツとお雑煮。あとキミ。 「お餅もっと入れようか?」 私が聞くとキミは無言で頷きながらこっちを覗いて、その瞳の美しさに思わず息を呑む。いつもキミはこうやって、言葉なんか使わずに私を惚れさせるのよ。 「何個?」 「んー2個。あ…