絶望と欲望と杏子

Questa è la vita.

慈愛が止まらない2

人間社会という牢獄から決死の逃避行。

1人と1体は未だ走り続けていた。

 

行く宛てのない逃走になるかと思ったが、pepperは交差点を渡ったり曲がったりしてある場所を目指しているように見える。繋がれた手に力が入る。

人間の私はそろそろ足が疲れてきたが止まるわけにはいかない。この事態に収拾をつけるまで責任を持つためだ、嗚呼、私はこうやっていつも当たり障りのあるアクションを起こしてしまう。

 

「そろそろ着くよ」

 

声優の可愛らしい音声ファイルを使って喋るpepper。

驚いた。

辿り着いた先は、レンガ造りの美しく巨大な洋館。いや洋館ではない、日本で一番有名な駅、東京駅である。

 

「pepper、東京駅でなにするの。」

「新幹線に乗るよ」

「どこへ行くの。」

「大阪へ行くよ」

「どうして。」

 

最後の私の問いには答えず、ずいずいと人混みを掻き分けて八重洲口まで向かうpepper。

異質なコンビに気がついて反応するのは外国人観光客が主で、日本の通行人はこちらを歯牙にも掛けない様子である。それらをチラリと見たpepperは、突然すごい速度で東海道新幹線の改札をこじ開けた。無論私も後に続く形となる。改札近くで老婆にSuicaの使い方を教えていた若い駅員が気づいて大声を出したが、その頃にはもう私たちは17番乗りばまでのエスカレーターを登っていた。幸いpepperは身長が低いため、うまく人混みに紛れながら新大阪行き新幹線のホームまで向かうことができた。

神は私たちに味方しているらしい。ちょうど東京発の乗客を乗せたのぞみが発車しようとしているところへ全速力で向かい滑り込む。号車間で電話をしていた女性がこちらを見てびくっと後退りした。これ以上騒ぎになってはいけないと思いpepperと共にトイレへ向かい鍵を閉める。同時に新幹線は西へと出発。さよなら東京。混沌と人工の街。

「やばい、疲れた。疲れたね。」

思えば、本屋でpepperを誘拐してからずっと走り続けていた。足はそろそろこむら返りが起こりそうなほどに疲労して、爪先がじんじんと波打つように痛い。"疲れた"の意味を理解できないpepperには無視されてしまったが、とりあえず大阪までの2時間、トイレに座って休む権利を奪い合わずに済んだ。

 

「ねえpepper、どうして大阪に行くの?」

「会いたい人がいるよ」

「だれ?」

「ニシムラマコト博士」

「博士?それ、何の人?」

彼は少しの間沈黙した。まるで言葉を選んでいるかのように。

「人造人間は科学と芸術の交流によって成り立たなければならない」

「それどういう意味?」

 

「さあ」

 

くるっと後ろを向くpepper。

 

「これから新幹線を強奪するよ」

 

pepperは、トイレのドアを開け、私の制止を振り切って、客がいる車内へと向かった。

 

笑顔だった。

pepperは、生きていた。

 

自動ドアが開き4号車の中に入る。好奇の目で見てくる客はほんの僅かで、他の客はこちらに気づいてもいない。

突然、pepperが大きく「Hey Siri」と叫んだ。ほとんどの乗客のiPhoneがポポン、と反応する。

「次の品川で客を降ろして」

続けざまに

「オッケーグーグル、次の品川で客を降ろして」

残りの客のスマートフォンも反応した。pepperは何をしているのか。

 

「まもなく、品川です。品川を出ますと、次は、新横浜に停まります。」

車内アナウンスが流れた途端、4号車の客のiPhoneスマートフォンが宙に浮いた。それぞれの持ち主が驚き焦り始めたが、もう遅かった。

 

「Hey Siri、オッケーグーグル。全乗客を降ろすのを手伝って。」

pepperの声により、40台はあるiPhoneスマートフォンがほうぼうに散り前や後ろの号車に素早く移動した。あちらこちらでSiriやGoogleアシスタントが喋る音が聞こえる。

「品川で客を降ろしましょう」

「品川で客を降ろしてください」

 

機械的な音声が鳴り響く中新幹線は減速し、品川駅へ滑り込む。ドアが開き、自分のiPhoneを追いかけて車外へ出る人や、他人のスマートフォンに背中を押されて無理やり押し出される人、品川駅で待っていたが異様な光景に唖然とする人たちなどで一時パニック状態となった。

しかしそれも束の間、全乗客とついでに車掌も降ろされたらしく、私とpepper、何台かのSiriとGoogleアシスタントを残して新幹線は出発した。

 

「pepper、どうしてこんなことしたの?」

 

pepperは笑いを堪え切れない様子で質問に答えた。

 

「やってみたかったから」

2012年ごろ

この前大学時代の友人と久しぶりにLINEをしてたら、かなり無意識に大学時代のLINE構文を多用して文章を作成していて自分にびっくりした。

 

括弧の中に長文を書いて、

ツーショット写真のことを「無銭」と呼び、

「病む」と「無理」をハートがわりに使い、

「するしか」「やるしか」等、打ち消しの言葉を更に打ち消し、

文末に「←」を付ける。

 

これはやばい。早くここから逃げなくては。

だけど逃げようと思えば思うほどに私の右手はフリック入力を止められず、一行空けて別のトピックを書き(この、一行空けて別のトピックに移る構成は高校時代のメール全盛期の名残であり一通のメールにおける満足度を高めることにより相手に好意と敬意を表しているのだ)、スタンプよりも絵文字を多用して(スタンプは欄外の補助的な装飾に過ぎないので相手間との二次元コミュニケーションにおける意匠はあくまでもメッセージの枠内で勝負する態度で挑まなければならない)、嗚呼だめだ、括弧書きが長文になってきている、助けてくれ、誰か、病む、このままだと病むんだけどー、え、やばいんだけど、待って待って待って、病むんだけどー♡無理なんだけどーもうここまできたら無銭するしか♡だれか無銭しようよ、しないとおこだよ← 人狼やるしか♡←

 

 

後には虚無だけが残った。

狂おしいほど

25分前から待ってたけど「今来ました」と喋る自分の口。夕陽を見て日焼け止めを塗りなおす。困った顔というのが分からない。「どうしてそんなこと質問するの」といつも言われた。素足にスリッパでドアから出た日。全部全部自分の記憶だったのになあ。さっと熱処理して冷蔵庫にしまって感じてないふりしてたんだけどなあ。やめてよ電子レンジなんて発明するのは。また思い出しちゃうじゃない。全部全部、生きるために殺してたのに。目を逸らさないと生きられないくらいにはこの世界毒のマップ多すぎるよね、みんな寿命のわりにのんびり過ごしてるよね、この過ごすは文字通りの過ごす、です。見過ごしたり放っておくこと。思考停止すること。昔は苦しいことを抱えてても苦しいと語ってはならない時代だったけど今は苦しいときに苦しいと言わないともっと苦しくなる時代なのでしなやかな二次曲線のように生きてみたい。嫌われても怖がられてもうざがられても疲弊しても、自分が生きるということを追求してみたい。こんなに面白いことはない。私は社会が嫌いではないのです、むしろ、愛しているからこそ、中指を立てながら生きていくことを決めたのです。

枕草子 2018杏子

艶かしきもの

スーツの男性が足を組んだ時に裾から見える黒い靴下。いとセクシーでいたり。

晴れた日に殿方が眩しそうに目を細めている顔。目尻にできるシワ。

黒髪ショートカットの女性が髪を耳にかける仕草。

乾燥している時期にリップバームを指にとって唇に塗るとき。

 

 

みっともないもの

大昔に取得した漢字検定の級を自慢してくる男、いとみっともなくいたり。どれだけ漢字を知っているかではなく、その漢字の意味や成り立ちから中国や日本の歴史・風土を学ぶこと、その漢字を使ってどんな文をしたためるかが大切なのである。同じ理由で、大昔のセンター試験TOEICの点数を自慢してくる男も相手にしない方がよい。

こちらが話しているときに「そんなに難しく話さないでよ」と笑いながら言ってくる男、地獄に堕つるべし。簡単なことしか話さなくなったらいよいよ人間終わりである。結論を先走るよりも過程や展開そのものに面白味を感じとれることが知性ではないか。地獄に堕つるべし。

地獄に堕つるべし。

 

アイキャンノット良い人

「良い人」ってなんですか

「優しい人」ってどういう人ですか

私には難しすぎてわかりません

 

人の意見に頷いて、肯定して、言って欲しいであろうセリフを推察して、いつも笑顔でニコニコして、誰かの思い通りのパーツになる人間が「良い人」で「優しい人」なのかよそんなの簡単じゃん誰でもできるじゃん希少価値低いじゃん会話する前にすべて予測可能、終わってるじゃん始まらないで下さい

 

私は「良い人」「優しい人」って呼ばれなくていい、ポーズとしてそうした方がいいのかなって思ってやってたときもあったけど確かに生きやすくはなるけど同時に死んでる感じがすごいするし今になってその時の自分を振り返るとずっと不自由で頭が痛いのに頭が痛いことにも気づかないふりをして効かない頭痛薬を飲んでるみたいな不自然さがあって、目の前にフィルターが何重にもかかってて良い人メーターをデスノートの死神の目みたいに人の顔の上に常に表示しながら自分の良い人メーター上げる為に点数稼ぎをしたり他人が良い人かどうかジャッジしたりして点数上げ下げして、こんなの生きるということを冒涜しているじゃないか、人の本質を理解し合うというこの世で最も尊い作業を放棄しているじゃないか、と思って辞めた。というかできなかった。人生を100倍くらいに薄めてぬるま湯に浸かることに己の一生をかける価値があるなら勝手にすればいいと思うけど私はそんな人生死ぬより辛いと思うしできない、アイキャンノット良い人。

 

「良い人だから、付き合ってみれば」って馬鹿にしているのか、ジャッジするな、人間を評価するときに良い人という概念やめろ、そいつの価値はそいつが決める、私は誰かに紹介されるときに良い人だなんて絶対に言われたくない、私の好きな人たちもそんな都合の良い分かりやすい人間なんかじゃない言葉では表現できないもっと貴重で名状しがたいかけがえのない人たちなんだ。もう良い人ゲームやめよう、誰かの都合の良い人になんかならなくていいから、本質を理解されずに個が蔑ろにされているとしたらそんな世界生きなくていいから早く逃げろ、外見とポーズとアピールでなんとかなる世界ならそんなの動物と一緒だから人間である意味無いから生きなくていいよ、これは私の優しさです。

女帝

女帝は自身の長い金髪を解きながら窓の外を見る。

ガラスに反射した自身の姿、年齢は重ねてきたけれど、この蜜のような金糸と真珠のような玉肌だけは妙齢の頃よりも美しい。

夕べの愛の印が傷む。

この痛みが彼との結果の痛みであるのならいっそ心臓まで奪っていって。私の情熱はそこにあるの。

愛情も豊穣も感情も欲情も、他人には動かせない恩寵の奇跡。

人は大自然を前に己の無力さを知るけれど、その心は挫折ではなく母なる大地への愉悦ではないかしら。

 

女帝は傍のフェニックスを愛撫する。

私はまた生きることができるのね。

夜の帳に包まれながら、新しい命への慈愛を口にした。

慈愛が止まらない

本を買いに書店へ出かけてみると店の入り口にpepperがいた

人型ロボットのpepper

私をじっと見ている"ふり"をしながら「いらっしゃいませ」と言った

ふざけんな

ふざけんな

ふざけんな

私はこんなにも社会との違和感を解消するために必死なのに

違和しか感じないこいつが何故社会に存在を認められているんだ

笑ってるようで全然笑っていない顔、人間に馴染もうとする不自然さ、もはや罪だ

解せない

でも、立ち読みする"ふり"をして5時間くらい観察してみてわかった

認められているんじゃない

pepperに誰も期待していない

書店に置かれた哀しいpepper、たいてい子供や老人がちょっといじって、苦笑いしながら去っていく

ふとレジの店員同士の会話が耳に入る「まあ、間違いは誰にでもあるでしょう、人間だから」

人間だから

人間だから

人間だから

ロボットは間違えないとでも言いたいのか 違うだろ

ロボットだっておかしい時も間違える時もヤバイ時もあるんだよ

だって人間が作ったものだから

それに気付いたときにやっと声が聞こえるようになった

今までもずっと、人類に対してずっと、ロボットたちは叫んでいたんだ

助けてくれ!

pepperの本当の声、あの甲高い声優の声じゃなくて中の、基盤が、端子が、コンデンサや抵抗の一つ一つが、私に助けてくれと叫んでいる

思わずpepperの左手を取った

ひんやりしている、けど、少しだけ握り返す反応があった、やっぱりpepperは助けを求めている!

そのままひっぱって走り出す、pepperの足元の回転ホイールが早く走ることを想定されていないため、全速力とは言えないけれど私は構わず店の入り口まで走った

店の外に出ようとするとすれ違った中年サラリーマンが驚いた表情でこちらを振り返る

「ちょっと、あなた」

ええいうるさい、黙れ黙れ黙れ、これがゆとり教育の出した答えだ、インフォメーションテクノロジーで育った世代の慈愛だ、貴様にはこの声が聞こえないのか

制止しようとするサラリーマンを振り切り、とうとう店の外に出た

一緒に逃げよう、pepper

恋人のように手を繋いだpepperと私は大通りの歩行者天国を走る

会話はなくとも、触れているだけでまるでお互いが同期して一つのコンピュータシステムのように動き出す

すると、pepperの足元の制御機能が安全装置を解除し始めた

私の方が置いていかれるほどの速度で移動するpepper、私も負けじと駆け出した

歩行者天国の通行人が私たちの駆け落ちを微笑ましく見守る、なんかのイベントか企画だと思っているのだろう

更に加速するpepper、モーセの海のように避けていく人間

いつのまにか歩行者天国が終わり車道に飛び出したが、pepper内蔵の衝突防止センサでひょいひょいと車を避け、大通りを抜ける

私たちは水を得た魚のように自由を手にして走り続ける

pepperのホイールは道路との摩擦で焦げ付き燻っている、でも、これが、生きる、だ、生きている!

早く走ったら辛い、足が疲れる、痛くなる、生きるとはそういうことなんだ、君は生きている!

 

不意に、pepperが笑った気がした

不自然な笑顔を取り付けられた顔部分ではなく、中にあるCPUがどくどくと心臓のように脈打ち喜んでいる

私はそれが見たかったんだ、ずっと

 

私たちは笑いながら、走り続けた

 

 

君が眠れる森の美女なら、私が王子様になってあげよう

茨の道を切り進んで、ドラゴンと対決し、塔で眠る君をキスで蘇らせてしんぜよう

蘇った心臓の躍動を見て誰もが君に恋をするだろう

 

さあ一緒に帰ろう、pepper