絶望と欲望と杏子

Questa è la vita.

グリフィンドールになりたかった

小学6年生の頃私のことヤバイと思った担任に目つけられて母親にチクられて、母親にはヤバイ片鱗見せてなかった良い子のつもりだったけどその分驚かれてしまって千葉にある何かそういう施設に通わされそうになったことがあって、見学みたいな感じで連れてかれて私良い子だからその施設の子とめっちゃ楽しそうに遊んで畑を自転車二人乗りとかしたりスイカ割りしたりしてたら母親に「こんなに笑ってる杏子初めて見た!やっぱり杏子は普通の学校じゃ無理なのね。学校では我慢してるのね。」みたいな結論出されていやいやいや己のパフォーマンスを発揮したまでよ、学校では発揮するほど根詰めて小学生演じてないだけよ、って思いつつその時は言葉で自分自身を表現することが今ほど容易でなかったのと親の期待通りの"普通の子ども"になれなかったことにショックでボロボロと涙が溢れてきて「私はその場の状況や環境に応じて小学生として冷静に対処することに長けているだけだから楽しいとか楽しくないとかと表に出てくる表情は別だし勝手に判断するな」みたいな感じで泣き落として施設入りは免れた、遠い千葉に通うのが面倒くさかったのと、「みんな違ってみんな良い」みたいなお花畑カウンセラーと会話したりワークショップしたりするのを極力避けたくてだってあの人たち肯定はしてくれるけど私みたいな人間がどう生きればいいかについては教えてくれないし私の自尊心は李徴よりも尊大なのでわざわざ肯定される必要ないし私のことを理解されたくなかったし、だけどこのときからずっと母の心配した顔が気がかりでどうにか普通になりたくて、楽しいとされていることは楽しい顔でしなきゃとか普通の子の世界観をトレースして自分に貼り付けたものをまるで自身の感覚のようにプレーして立ち回ることを覚えてしまって、人間が水と血液だけ入った動く袋みたいに見えてキモくて無理だったしトレース下手だからあんま馴染めなくて無理だったし「何をしでかすか分からない」ってまだ何もしでかしてないのに存在を否定されて無理だったしカウンセリングでも「朝ご飯は食べてますか」みたいな浅い会話で終わって無理だったし何より道徳の教科書みたいな綺麗事って私には適用されないんだ、ってことが辛くて、常識とかは死んでても感受性が死んでるわけでは無いから普通に傷つくしでも皆ヤバイ奴には何言っても大丈夫だと思ってるのか人権の無い扱いされててずっとずっと孤独だった、私だって人間だから傷つくよ、皆と同じだよ、仕方ないことだけどね、誰も悪くないし、だからナチュラルな自我は極力抑えて社会への殺意みたいなもので正気を保って身綺麗にして笑顔にして女の子のコスプレしてたら友達も恋人もできてやっと人間としてのステージに立てた気がして楽しくて、友達多かったし恋愛も上手くいってたし親も喜んでたけどこれが一体なんだったというのだろう、わたし人間のこと勉強したくてこの宇宙に産まれたのにまだ何も学べてないよ、人間ってなに、グリフィンドールみたいに何も考えずにすくすく生きて褒められる人たちが羨ましい、お前はスリザリンだと言われてスリザリンのように振る舞ってきたけど私は、この冷たい心臓から流れ出る液体を無視することがとうとうできなくて、

早くこの世界から出して。

My words fly up, my thoughts remain below.

言葉は魂をそのまま伝えることはできないけど、

だからこそ僕たちは死ぬまで、

魂を翻訳して、試行錯誤して、どうにか言葉にして、

生きていくのではないか。

 

どうしようもない感情や、苛立ちや、歓びに触れたとき、

記憶の中から知恵を借り、言葉を選び、魂に名前をつけることで、

その魂が救われるのだ。

 

正解を選ぼうとしなくても良いし、誰かの肩を持たなくても良い、試験でも面接でもないから。

僕たちは、人生はもっと素敵なものだと確信するために、言葉と出会い、言葉と生き、言葉を愛し、そうすることで、世界に対して優しくなって、新しい言葉が生まれて、きっとまた、僕たちがどこかの魂を救う一助になるんだ。

I WISH

「この人は自分を楽しませてくれるのか?」って考えながら付き合う人間決めてる人とか

「この会社は俺を楽しませてくれるのか?」って考えながら働く会社決めてる人とか

「この趣味は私を楽しませてくれるのか?」って考えながら趣味やろうとしてる人とか

 

そんな人たちこそ、全部受け身でつまらない。

自分で楽しくするんだよ、それは自分の意思で変えるんだよ。変えられるんだよ。

 

そして結局、本当に好きなものっていうのは頭で考えるよりも先に楽しんじゃうものだから、楽しめるかどうかなんて気にしなくていいよ、もっと自分の心臓が求めるエッジィでキワキワな感覚を大事にしようね。

 

花の色は

なんだろう、感情とは。

なんだろう、言葉とは。

なんだろう、生きるとは。

 

この、花の色のような私の愛情を、

うつろいでいく小町のおぼつかなさを、

ただ、生きているだけでは物足りない、

美しく生きたいと、そう願う君が。

心の奥に触れて、誰も傷つけない、いたづらに大人ぶった子どもたちが笑っているさまを、

私は、大人になっても、悲しい雨に傘をさし、見て見ぬ振りをして、飄々と歩くのだろうか。

それでも、いつか色褪せてしまっても、ここに私がいることを誰かが見てくれていたら、きっとそれが恋なのだろう、夢のような。

灰色の空に、桜のコントラストをのせて、まだ間に合うよね、良い時代になりました。

春はあけぼの

朝、少し肌寒さを感じて目を覚ますと、夜勤明けの彼氏が枕元に立っていて「ごめん、起こしちゃったかな」なんて聞くから「ううん、会えて嬉しいよ」と呟いて布団に入り直そうとすると止められて、凛々しい目でジーっと見つめられたかと思うと唇に柔らかな感触、温かい吐息、上手く呼吸ができなくて、すかさず頭を傾けて酸素を求めるけどそれも阻止されてしまって、やっと甘い窒息から解放されたかと思うと痛いくらいに強く強く抱きしめられて「僕も会いたかったよ」なんてその低い声を耳元で囁かれるものだから、目を伏せてどぎまぎして心臓の音が彼氏に聞こえてしまうくらい緊張を隠せなくて、いつもは生意気な私なのにこんなときに限って何も上手いことを返せずに耳まで真っ赤になって俯いて、それすらも見越した彼氏に露出している肩をチロリと舐められて、涙目になりながら「ずるいよ、」と上を向くと彼の手から小さな薔薇のブローチ、「誕生日おめでとう、僕のお姫様」って寝起きの髪の毛に赤い薔薇をトッピングされて、ああこの人ってもう、いやだわ、本当に私の王子様なんじゃないかしら、

 

という夢で目が覚めたんだけど全然誕生日じゃなかったし肩を露出させるような可愛い寝巻きなんて着ないし中学のジャージずっと着てるしそもそも彼氏なんていなかった。人の気持ちを考えろ。

俺と薬とミネラルウォーター

薬局行って、薬買って、もう買ったら今すぐ飲みたい!ってとき、ありますよね、頭痛の薬とか。

そういうとき、薬と、ミネラルウォーターを買うんですけど、なんか多分そういう決まりがあるのか大体

「ミネラルウォーターでお薬服用しないようにお願いしまーす」

って言われるんですけど、このときの店員さん、目線が外れてるし、声も小さくごにょごにょしてて聞き取りづらい。

さっきまであんなに「ポイントカードはお持ちですか?!本日ポイント5倍デーです!」とかハキハキしてたのは、なんだったんだ。

 

でも買う私も、

「あ、はーい」

って目線外して小声でごにょごにょしながら呟いてて、

まあ仕方ないんですけど、だって絶対、そのミネラルウォーターで薬飲むでしょ、100%飲むでしょ。

でも、店員さん的には、推奨はしてませんよ、ってことを、ポーズ取らなきゃいけない。

我々客も、服用には使いませんよ、ってことを、ポーズ取らなきゃいけない。

 

慣れてくると、ヤバい取引みたいでちょっとかっこいいんですよ。

 

「ミネラルウォーター使うんじゃねーぞ?……ただし、お前さんが"優等生"でいたかったらの話だが……あとはわかるな?こっちのシマは自己責任の世界だ。好きにしろ。」

「ああわかってる、俺も素人じゃねーんだ、仮に"代償"を払うことになっても、お前を売ることはしないぜ?」

 

ハイコンテクストなやりとりがそこにある。

 

 

太ってきたけどラーメンいこ

歯磨きした直後だけどチョコレート食べちゃお

テクニカルなこと分からないけど直感で操作しよ

芸術なんて分からないけど美術館行っちゃお

誕生日じゃないけどホールケーキ買っちゃお〜

寒いかもしれないけど春服でお洒落して

性格悪いって思われてもいいから正直になっちゃお

泣ける映画で自分だけ泣けなくてもまあいっかって笑っちゃお

 

 

全部全部 なんでもいいよ あなたが素直に生きられるなら

不必要な装飾を削ぎ落として 残った部分があなたの あなたにしかない 愛らしいところだし

欠けているとこがあった方が 良いとこが目立って もっと魅力的になるよ 大丈夫